人気ブログランキング |

月の旅人~美月ココの徒然日記~

mizuki9090.exblog.jp
ブログトップ

富士山・青木ヶ原樹海と洞窟探検その1

もう、月日が経ってしまいましたが(--;)
3月20~21日に河口湖へ行って来ました。
今回の旅の目的は富士樹海散策です。
親友に誘われてですが、参加コース名が富士エコツアーサービスの
「青木ヶ原樹海・洞窟探検プレミアムBコース」というものでした。
河口湖駅までガイドさんがバスで来てくれるのですが、
二人以上参加が条件だそうです。

正直、樹海の苔など魅力はあります。
が、最初の想像では、4時間も歩くことができるのか?と不安でした。
参加した方のブログを読んでも、知りたい事が書かれていない。(笑)
朝9時半に集合して解散は15時半。
お弁当付きですが、おトイレは?
一度はバスに戻るの?
荷物や上着はどうなるの?
とか。

はい。

謎だらけのまま参加でしたが、
実際は想像の何十倍も過酷!!!!!!!!!!!
ビックリマークが足りないくらい過酷です!。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。
女性は軽い気持ちで参加したら大変です。(笑)
歩き慣れた人、体力のある人でないと、無理です。
今思い返しても、笑っちゃうくらいの体験でした。

が。

いい思い出です。
貴重な体験です。
無事帰ってこられたし、行って良かったです。
忘れられない、そんな経験ができるツアーでした。

樹海は、一般では立ち入れない地帯を歩きます。
半分獣道だったり、倒木をまたいだり、くぐったり。
このツアーは3月から開催なのですが、服装がわからない。
寒いからと言ってダウンを着ては歩けないし、第一汚れてもよい服装です。
まだ肌寒い季節ですが、当日居合わせた若い男子諸君は、ジャージでした。

私は薄手のパーカーやらジャンバーやら重ね着しましたが、
洞窟は寒いので、ちゃんとした厚手のものも用意した方がいいです。
ですが、ガイドさんが服装を見て判断し、足りなければ貸してくれます。
ちなみに、防水ズボンとリュックは貸してくれました。
友達はジャンバーも借りていました。
その点は至れり尽くせりです!

1泊の旅行で来ているので山歩き用のバッグはないです。
ですから、リュックを借りれたのは助かりましたよ!

ただ。
男性ガイドさんだったからかな?
女性は私と友達だけ。
しかも結構な大人です。(笑)
あとは全員若い男子だち。
歩くのも早いし、歩調を乱してはいけません。
ガイドさんは「お弁当とカメラと貴重品だけ持ってきて!」というので、
言う通りにしたら、それは間違い!(≧д≦)
やっぱり、トイレはないです。
花粉症のためティッシュを持ってたからいいもの、
女子は大変ですよ!!
トイレに行きたくなったらガイドさんに申告して、木の陰で用を足します。
その際、何の説明もありませんが、
山の常識として、ゴミは持ち帰る。
ですから、ティッシュは持ち帰らなければなりません。

おっと!
最初から言ってほしかった!。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。

お弁当の入っていたビニール袋にゴミは入れました。
袋があってよかった……。

靴は私はわざわざアウトドア用を買ったので、防水は大丈夫でした。
洞窟は水浸しですからね。
けど、誤算は、一面氷だったこと。
靴底が適しておらず、滑りまくり。
よく芸人さんがヌルヌルの坂を上ったりしますが、あの状態!llllll(-_-;)llllll
ほんと、最悪でした!!!
まあ、氷に強いかどうかなんて、歩いてみなければわからないですからね。
その悲惨な状況は、あとでご説明します……。

文章が長くなりました。
写真を載せますね!


富士山・青木ヶ原樹海と洞窟探検その1_d0039443_22235567.jpg

この日は天気に恵まれて、ご覧のような美しい富士山がはっきりと見えました!!!
やっぱり、こんな近くから見る富士山はとても雄大で、感嘆の声が上がってしまいます。
私と友達は河口湖駅で拾てもらい、こちらは少し行った道の駅です。
トイレを済ませ、出発です。

最初に入洞したのは道路から少し歩いた場所にある鳴沢蝙蝠穴。

前にも観光で風穴だか氷穴だか忘れましたが、行ったことがあります。
ちょっとは急でしたが、普通に行けました。
また、地方で洞窟に入ったときのイメージも相成り、
洞窟はこんな感じだと思ってたんです。

富士山・青木ヶ原樹海と洞窟探検その1_d0039443_22345167.jpg
実際、最初の洞窟の入り口はこちら。

富士山・青木ヶ原樹海と洞窟探検その1_d0039443_22370441.jpg

横へ進む……じゃないですね。(笑)
穴ですね。
ま、最初だったので、ちょと岩を掴みながら下る感じです。
このツアーで行く洞窟は観光洞窟ではなく、本格的なガイド無しでは行けない火山洞窟。
にしても、覚悟がある人だけ参加してください!なんて注意書きもないんだから、
大丈夫だろ~と思ってましたけどね。σ(^_^;)アセアセ...

富士山・青木ヶ原樹海と洞窟探検その1_d0039443_22405345.jpg

写真は先頭の男性がガイドさん。そして同行のお友達です。
このように腰を落として岩を掴んで降りていきます。

富士山・青木ヶ原樹海と洞窟探検その1_d0039443_22433858.jpg

洞窟内です。ヘッドライトを照らして中を見ます。
そんなに奥まで進みません。
カワイイ氷筍。
暗闇でカメラ操作が難しくうまく写真が撮れませんでしたが、
天井からキノコがぶら下がってたり、生命の存在を感じる洞窟でした。

一旦車に戻り、今度は本格的に樹海へ向かいます。
降りた時にはヘルメットを渡されました!
つまり、ここから先は4時間ウォークと洞窟探検の始まりです。
女性のみなさん!
ティッシュとゴミ袋は持参してくださいね!p(*^-^*)q
お弁当も配られます。敷物は現地でガイドさんが貸してくれます。

そう、忘れてはならない。私はヅラです。
ヅラ生活をしています。
でも、危険を察知してたんでしょうね~~。(笑)
ヘルメットをかぶるのは知ってたので、こりゃ、危険だと。
ヅラかぶってヘルメットはかぶれないなって。

正解でした。
現状、ルパンみたいな頭ですが、仕方ない。(--;)
めちゃくちゃ嫌だったけど、ヅラが外れるハプニングよりはマシ。
当然、いきなり山林伐採の人のようになってしまいました。(笑)

富士山・青木ヶ原樹海と洞窟探検その1_d0039443_22340756.jpg

花粉症もあるから、マスクと花粉用メガネなんか掛けたので、
もう、おっさんですよ!!致し方ない。(*_*)

樹海をずんずん進み、時折、木々についてなど説明を聞き。
獣道を進み。倒木をまたぎ。

富士山・青木ヶ原樹海と洞窟探検その1_d0039443_22572044.jpg
漢方薬のサルノコシカケです。
これが生えると、木がそこから折れてしまうそうです。
しかし、折れたところから新しい幹が広がったり、
また折れた幹からは新しい植物が芽吹いたり。
森の成り立ちは神秘的ですね。

富士山・青木ヶ原樹海と洞窟探検その1_d0039443_23010795.jpg
熊の爪痕もありました。熊、いるんだぁ……。(゚ロ゚;)エェッ!?

富士山・青木ヶ原樹海と洞窟探検その1_d0039443_23015194.jpg
夏でないと苔がないのでは?と危ぶんでおりましたが、ちゃんとありました!
残雪もあります。
カレンダーになりそうな景色が広がりますが、和を乱してはいけません。
写真もそこそこに前に進まなきゃ!(笑)

二番目に向かった洞窟は本栖氷穴。(多分)
次回に続きます。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

作品のご購入はこちらから 
    ↓↓
美月ココのショップ iichi  
美月ココのショップ minne     
ショップによって違う商品もあります。覗いてみてね!(・▽・)ノ

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★


にほんブログ村 


プラバンランキング
facebook
美月ココ~羊毛フェルトのポメラニアン・セキセイインコ、プラ板アクセサリー販売


by mizuki9090 | 2019-04-14 23:14 | 富士山 | Comments(0)

ハンドメイド雑貨を「minne」「iichi」で販売中。旅行や日々のお話も綴ってます。2014年に乳がんになったお話も。


by mizuki9090