月の旅人~美月ココの徒然日記~

mizuki9090.exblog.jp
ブログトップ

バスの受難

ある日曜日の事。
友達と池袋で待ち合わせしてたので最寄りの駅へ行ったのですが、なんか様子がおかしい。
なんと、ほんの数分前に人身事故が起きてたんです!
本来なら池袋まで12分。待ち合わせ時間は目前です。
でも、仕方ないですよね~。
駅員さんは、バスで赤羽まで行って、そこからJRで池袋に行ってください!と叫んでるし。
めちゃくちゃ遠回りで、あきらかに1時間は遅刻しそうです。
迷ってる時間もないので、バスに飛び乗りました。

後ろドアより一段後ろに上がった吊皮をキープ。
あっという間に満員になった時です。
前方から女性の声で「混んでるんでもっと詰めてください!」

みんな、ああ、そうか……ってな気持ちで(多分そんな雰囲気だった)詰めましたが、
吊革の人はそのままですよね~。
真ん中の通路の間に立つ人たちが後ろに詰め出したんです。
私はバスは苦手だから、吊革捕まって目を閉じてたら、真後ろで先ほどの女の人の声が……。

 「後ろに下がってください!なんて、みんなエラソーに、なんて思ってんじゃねーの?」

ちょっと凍りつきました。
そんなこと思ってないよ~!って心で叫びましたもん。
背後だから顔は見えませんが、30代くらいの娘さんとそのお母さんです。
娘さんは混んでることに文句ばっかり言っていて、次にお母さんが、暑い暑いと言い出して、
「ちょっと、窓あけてくれます?」と。
斜め前の座席の女の子がハッとして窓に手をかけましたが、固くて開きません。
私も慌てて手を伸ばしましたが、その後ろの席の男性もハッとして自分のところの窓を開けてくれました。
それが、私のまん前だったんです。
d0039443_1513143.gif

やれやれ、と思って目をつぶっていると……。

 「皮肉なもんで、暑い人には風が当たんないで、目の前の人にばっか当たってんだよなぁ」 

ええ~っ!? それは私の事?(≧д≦)

 「なんで詰めね~んだよ、信じられない」  

も、もしかしてそれも私に言ってるの??(≧д≦)

実際、後ろで言ってるだけだから誰に言ってるのかもわかんないんです。
でも、明らかに私に対する怒りだったんでしょうね~。
私、お昼用のおにぎりを握って、紙袋に入れて提げてたんです。
そしたら、

 「なんかクセー。いろんな臭いがたまってクセーんだよ」 

これも、私かなぁ……と思ったり。

バスの乗車時間は30分。辛い……。

いよいよ赤羽に着きました!
なにせ遅刻してるし、早くバスを降りたい。
私はすぐに向きをかえて、出口のほうを見てたんです。
すると何か声が聞こえる。
自分とはカンケー無いと思って気にしなかっけど、よくよく考えたら、

「降りるんで、閉めてください!」と怒り口調のお母さん。

意味が解らず、他人事のように聞いてたら、さっきの座席の男性が窓を閉めてました。
するとお母さんは、手のひらを返したような優しい口調で「わざわざすみません、ありがとうございました」と。

「……」

もしかしたら、怒り口調は私に言ってたのでは???

これは単に気にし過ぎなのか、それとも、最後まで親子を怒らせ続けていたのか。

とにかく、約束の時間は過ぎていたし、バスを降りたら猛ダッシュして離れました。(笑)

怒っていた向こうにも言い分はあると思うけど、
私はドキドキしっぱなしでしたよ。(´;ω;`)ウゥゥ




*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*

手作りのビーズアクセサリーや、定期入れをネット販売しています。

詳しくはショップまで。
ショップ入口はこちらです。 ↓ ↓ ↓
d0039443_19285279.gifd0039443_17291180.gif手作りビーズアクセサリーとハンドメイド雑貨ショップ 





にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ
ビーズアクセのランキングです。応援お願いします^^  
[PR]
Commented at 2012-05-24 21:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mizuki9090 at 2012-05-26 23:07
おーくぼさん>
はじめまして、おーくぼさん。

今となっては笑い話なんですけどね~(笑)
確かに電車でもときどきありますよね。
密着した空間。願わくは、平和に行きたいものです。
by mizuki9090 | 2012-05-02 15:37 | 徒然日記 | Comments(2)

羊毛フェルトで主にポメラニアンやセキセイインコを作成。手仕事のギャラリー&マーケットの「iichi」で販売中。カルトナージュ・プラ板アクセ・旅行・料理・日々のお話です。2014年に乳がんになったお話も。


by mizuki9090