月の旅人~美月ココの徒然日記~

mizuki9090.exblog.jp
ブログトップ

変な夢の話

金曜日の夜、変な夢を見ました~。
まず、金曜日はワインの日なので、泥酔は定番なんです。(笑)
しかしこの夜はサッカーの日。
日本にとって大事な試合です。こりゃ~、見るしかないでしょ? どうよ?
てな訳で、泥酔状態のままお風呂に入ったのですが、もちろん、髪を洗う余裕はありません。
それが凄く頭にあったんでしょうねぇ~。気持ち悪いなぁ……って。
サッカーは、テレビがついていただけで、ほとんど記憶にありません。( ̄x ̄;)
おぼろげに1-0で日本が勝っていたという映像と、
川平さんのハイテンションな声しか解かりませんでした……。(意味ない)
そして朝――。
ここからが夢のお話です。
どうやら私は修学旅行に来ているようです。(もちろん、そんな年齢じゃないです)
山奥の断崖。仏教的な史跡めぐりをしています。
洞窟とかもあって、風景は東洋チックです。(中国みたいなかんじ)
私が外の景色を見ていると、いきなり後頭部にハトの糞がっ!!!
後ろの人が取ってくれようとしたのですが、私は髪を洗ってないから、触って欲しくないんです!
どうにか糞をふき取った後です。
今度はいきなり、ハトが頭のてっぺんにとまったんです!( ̄□ ̄;)マジ!?
こりゃもう、ビックリしましたよ~~~。
手品で使うくらいの小バトなんですが、頭の上にすっぽり収まっちゃって。(笑)
慌てて両手を頭にやって、ハトをどかそうとしたんですが、
しっかりとハトの足が私の頭にしがみついていて……、と、とれないっ!!(≧д≦)
d0039443_23364943.jpgただ、ハトの柔らかい腹部の羽だけが、妙にリアルでした。
仕方ないから、そのままハトを頭に載せたまま普通に写真とか撮ってるんですよ!
バカな夢ですっ!(笑)

←その日、シルク(100円ショップ)で見つけた小さなガラスの小鳥です。これが夢にでてきたハトに似ているんですよ~。思わず買ってしまいました。(; ̄ー ̄A アセアセ・・・
[PR]
# by mizuki9090 | 2005-06-07 23:48 | 徒然日記 | Comments(2)

チョウチョ~♪

今日の東京は曇ったり晴れたりの一日でしたよ。
半袖にカーディガンがちょうどいい感じです。
近所を散歩していたら、チョウチョが飛んでいたのでパチリ。
この暖かさも、あとわずか。週末からは梅雨に入りそうです。
d0039443_052022.jpg
[PR]
# by mizuki9090 | 2005-06-05 23:59 | 徒然日記 | Comments(0)

ホーム百科事典 その2

あ、前に「昭和の匂い」で投稿した第2弾です。(笑)
私の父は、昔、製本会社にいたため、昭和の本がたくさんあるんです。
その中から前回どうよう、「ホーム百科事典」をご紹介します。
“エチケットと美容”とい表題なのですが、これまた凄いんですよ~。
化粧や髪形が載っているのはわかるんですね、美容ですから。
でもですね、エチケットの方が驚きなんです。
のっけから 縁談→婚約→結婚→新婚旅行……っと続きます。
これはかなり笑えました。
はっきり云って、余計なお世話な内容なんですよ。
しかし、刊行が昭和41年というのを忘れてはいけません。
情報の乏しい当時としては、なくてはならない知識だったのかも知れません。

では、その中から「男女交際」を抜粋します。
d0039443_21515783.jpg“デートのルール”
写真:男性はかならず女性を家まで送ること。
誘うときだけ熱心で、帰りひとりでという男性は相手として失格。
女性は御礼は云っても家に招き入れる必要はない。
たとえ女性があがるように勧めても、男性は断ること。
他にも、
・デブとかチビとか云わない。
・デートの費用は男性が払う。

d0039443_2204997.jpg“愛の交換”
写真:電話で愛をたしかめる。
相手のことが、かたときも忘れられないときは、電話で話すと安心できる。
他には、
愛情表現を押さえることによって、ふたりの愛はかえって充実し、長く続く。情熱のおもむくまま行動すると、以外に早く飽きる。情熱は小出しにするほうが愛が育つ。
公衆の面前でキスを交わすなどの振る舞いは、恋人を心から尊重していないのと同じである。

d0039443_2252038.jpg“幸福なデート”
写真:公園も経済的なデートコース。
その他は、
3回に1度は「私に払わせて」と云う。その際、「」あなたとデートだと云ったら、母がお小遣いをくれたの。特別予算に入れてくださらない?」と、相手のプライドを傷つけない心配りをする。
女性があまりに男性まかせにしていると、やがて男性は「つまらない」と思うようになる。

d0039443_2214377.jpg“美しい別れ”
写真:美しい別れは美しい追憶をうむ。

主意:ここで、何故か別れのシーンへとなります。なんでだ!?(笑)

締めくくりの言葉として――。
愛が深ければ深いだけ、憎しみは強くなる。しかし、どうせ別れるものならば、できうることならば自分の感情を押さえて、別れを美しいものにしたい……だそうです。(笑)


さてさてさて。
ここで恋愛が成立した場合の取っておきの一枚!
めでたく結婚まで話が進んだ場合、式の数日前までにしておかなければならないことです。
d0039443_22223189.jpg
“身のまわりを整理する”
新しい生活に不必要な品物を処分する。
とくに夫の誤解を招くおそれのある日記や手紙などは持っていかないこと。

……この写真、ドラマじゃないんですよっ!!
物思いにふける女性が、庭先で焚き火をするなんてっ!!
当時の女性は本当にこんなことしてたんでしょうかねぇ!?この写真を見たとき、私としてはかなり衝撃を受けました。(笑)

いかがでしたか?
楽しんで頂けましたか? 昭和、恐るべしですね!(笑)
まだまだ掘り出しものはたくさんあるので、これからもご期待ください~♪
[PR]
# by mizuki9090 | 2005-06-02 22:31 | おもしろ写真 | Comments(2)

チョコのパンケーキ

いつもいつもチョコにこだわるのは、まず第一に好きだからです!(笑)
次に、ココアって1度買うとかなりありますよね。
ですから、必然的にチョコ関係のお菓子になります。
今回は、スピード料理です。

〈材料〉
A
薄力粉 100g
ココア、ベーキングパウダー 小さじ1と1/2

グラニュー糖 大さじ2
塩、バニラエッセンス 少々
卵 1個
牛乳 1/2カップ
プレーンヨーグルト 3/4カップ 
溶かしバター 大さじ1 (レンジで20秒)
板チョコ(ブラック) 適量

市販のバニラアイスとか添えるとグッドだと思います♪
ホイップでもいいけど、面倒でしょう?
それに、けっこう甘いです。(笑)

〈作り方〉

d0039443_2349664.jpgボールに振るったAとグラニュー糖、塩と卵を入れて混ぜる。
混ざりにくくなったら、混ぜた牛乳とヨーグルトを少しずつ入れて、だまが出来ないように混ぜる。
なめらかになったら、バニラエッセンス、バター、包丁で刻んだチョコを入れて混ぜる。
写真は一枚焼き終えた後なので、量が少ないです。

d0039443_23531957.jpgフライパンにサラダ油をれて、弱火で焼く。(フタをしたほうが早い)
ひょ面にぷつぷつと穴があいたら、ひっくり返す。
色よく焼けたら、出来上がり。

d0039443_2355076.jpg私は、家にあったチョコレートソースをかけましたが、これは失敗です!(笑)
正直、甘すぎました。
出来れば、市販のバニラアイスでも買ってきて、添えてください。

※プレーンヨーグルトは、私はカスピ海ヨーグルトを使いましたが、
別になくても出来るんじゃないかな~。(笑)
そのときは牛乳で加減してください。
私は牛乳とヨーグルト、計らずに入れたので、ちょっとゆるゆるでした。(汗)
[PR]
# by mizuki9090 | 2005-05-28 00:06 | お菓子 | Comments(7)

お台場でポピー摘み

東京テレポート駅前にあるパレットタウンの敷地に、只今ポピーが満開で、
21、22日と、ポピーの摘み取りイベントが開催されています。
普段は遠目に眺めるだけですが、定期もあることだし、行って来ました。
d0039443_22515311.jpg赤やピンクやオレンジのポピーの他、青、ピンク、白の
ヤグルマギクも咲いていて、
お花の絨毯みたいでした。

d0039443_22565492.jpgすべて摘み放題だったのですが、なかなか思うようには
摘めませんね~。
自宅からちゃんと袋とか
持ってくるべきでした。
摘みながら、持ちからが悪いと
散ってしまうんです。
家に持って帰っても、
かなり散りました。
でも、“お花を摘む”行為が
楽しかったから良しとします。

d0039443_22594561.jpgお昼はヴィーナスフォートで。
中央の噴水前にあるコバラヘッタ 【Cobara-Hetta】で食べました。
食事はセットで1450円と
グラスワイン(白)の550円で
計2000円。
安くて美味しくて、量も多くて、満足です。
でも、ワインが余計だったかな?
ちょっと昼にしては贅沢ですよね。(笑)

d0039443_2354774.jpgd0039443_2355770.jpg
d0039443_236667.jpgこれはヴィーナスフォートの天井。
中世ヨーロッパの街並みで、
まるで屋外にいる錯覚に陥ります。
左上から昼、右上は夕焼け、左隣は夜の空です。
短時間で見る見る変わっていきました。
とっても幻想的です。
[PR]
# by mizuki9090 | 2005-05-21 23:20 | お出かけ日記 | Comments(2)
昭和の匂いのするものを、探してみました。(笑)
まずは、これ!
な、なんと大阪万博のプレートです。

d0039443_15223290.jpg
愛・地球博こと、愛知万博で騒がれている
今日この頃。
いったい、何年前なんでしょうね?
70年と記されているから、35年前ですかーっ!?
“人類の進歩と調和”の文字が泣かせます。
ほんと、そうですよねぇ。
今まさに、共存を考えねばならぬ時代となりました。
調和を乱しているのは、皮肉にも人類ですよね。

d0039443_15245318.jpg
次はコチラ。
これは本棚にあった昭和32年の事典です。
それも「心理学事典」
これはですねぇ、著書でもある『月』を書くときに、
参考にした本です。
いい加減なことも書けないので、
一応、精神系について勉強しましたが、
何せ古い本ですからね。
きっと医学も変わっていると思います。(汗)

さて、最後は、やはり本棚に入っていた
昭和41年の「ホーム百科事典」の“衣服と手芸”より抜粋です。

d0039443_15293835.jpgd0039443_15295763.jpgd0039443_15315660.jpg

左は、昭和の買い物着。(笑)
カゴが昭和してますね。そして、何ゆえバナナがぶら下がっているのか?
しかも、カゴから飛び出して。(意味ないじゃん)
真ん中は、昭和のお子様着。
なんか、今のお子様よりも品がありませんか? きちんとしてます。
右は、な、なんと「新婚旅行に着ていく服」
まるで皇族のような出で立ちです。
それにしても、なんでいちいち、買い物服から新婚旅行まで、
服を指定されなきゃならないんでしょうね?(笑)
でもですね、
この当時の服って、今見ても可愛いんですよ。
いわゆるレトロ(古っ)っていうんですか?
見ていて楽しかったです。
[PR]
# by mizuki9090 | 2005-05-15 15:41 | おもしろ写真 | Comments(14)
A 
薄力粉 100g
ベーキングパウダー 小さじ1
ココア 20g

グラニュー糖 100g
バター 100g
卵 2個
板チョコ一枚  包丁で刻む
レーズン  適量(ラム酒につける)

<作り方>
1.室温で溶かしたバターをクリーム状に練リ、グラニュー糖を少しずつ加えてまぜる。
2.1の中に溶いた卵を少しずつ加えてまぜる。
3.2の中に刻んだチョコと、あればラムレーズンを加えてまぜる。
4.Aの粉を2回、ふるって、2の中へ少しずつ加えてまぜる。
5.長方形の型に入れ、表面を平らにする。
6.オーブンを180度に余熱し、5を入れて、170度で5分経ったら出す。
7.ナイフなどで中央に縦の筋を入れておく。
8.170度で35~45分焼く。(くしを通して、何もつかなくなるまで)

※レーズンは私が勝手に入れました。(笑)
 焼き型は、100円ショップで買った紙の長方形の型を使用。(65×175×45Hで3枚入り)
 好みでホイップクリームを添えてもいいです。

d0039443_220592.jpg 
型が紙で出来ているため、横広がりになりました。(笑)
レーズンはあってもなくてもいいです。
チョコはチップを買うと高いので、ブラックの板チョコを一枚、包丁で刻んで入れました。
残ったケーキは一枚ずつラップで包んで冷凍します。
[PR]
# by mizuki9090 | 2005-05-08 22:03 | お菓子 | Comments(3)

羊毛フェルトで主にポメラニアンやセキセイインコを作成。手仕事のギャラリー&マーケットの「iichi」で販売中。カルトナージュ・プラ板アクセ・旅行・料理・日々のお話です。2014年に乳がんになったお話も。


by mizuki9090