月の旅人~美月ココの徒然日記~

mizuki9090.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:箱根( 27 )

箱根・ガラスの森①

d0039443_1985871.jpg二日目は、仙石原の「ガラスの森」へ行って来ました。
そりゃ~、綺麗な美術館でしたよ!
私はガラス、大好きです!!
d0039443_199770.jpg

d0039443_19104326.jpg展示品はあまりの美しさにため息。( ̄* ̄ )
写真もキリがないんですよ。
やっぱり肉眼で見るのにはかないません。
ガラスの技術の素晴らしさに乾杯、
もとい、完敗です!(笑)
館内もさることながら、
庭園もビックリなんですよ。
続きはまた次回。

←池から飛び出してるのは
噴水じゃありません。ガラスのオブジェです!
[PR]
by mizuki9090 | 2006-11-29 19:14 | 箱根 | Comments(0)

箱根・2006

d0039443_14154477.jpg毎度、箱根なんで、
いちいち紹介する必要も無いんですが。(笑)
いつもは10月のススキがメイン。
でも今年は11月。
狙い目は紅葉です。
しかし――。ご覧のうよう見事な枯れ葉の山、山、山。
箱根旧街道は、
枯れ葉の道でした。
d0039443_14183416.jpg木は緑の苔に覆われて、
それは美しいんです。
その苔に張り付いた枯れ葉も
また、風流があるのかな?(笑)
d0039443_14203046.jpg
旧街道にある御茶屋さんで一休み。
ここは甘酒屋さんで、山道を歩いてきた人もいれば、タクシーや車で来る人も。
ちゃんと歩いてきた方が美味しいのになぁ。でもお年よりとかは無理か。(´-ω-`)
d0039443_14234459.jpg紅葉を発見っ!
こちらは仙石原の
渓流。
川沿いのモミジは
真っ赤でした。
でも、ほんの一部。
紅葉が見られたのは
強羅・宮ノ下近辺のみでしたね~。

箱根日記、
続きます!
[PR]
by mizuki9090 | 2006-11-26 14:26 | 箱根 | Comments(4)

リ・カーブ箱根ホテル

仙石原にあるリゾートホテルですが、私はリピーターです。(笑)
とにかく食事が楽しいんです。朝も夜もバイキングですが、これがGOOD!
d0039443_1495797.jpgd0039443_1410974.jpgもちろんカニも食べ放題。
ひとつずつ小鉢に入っていて、品が良く、女性客には人気があるそうです。
和食、洋食、中華が揃っていて、難を言えばちょっと肉が足りないかな。一応、ミニステーキはありましたが。とにかく楽しいんです。レストランに着くと、わ~と声を上げたくなります。(笑)
d0039443_14142544.jpg全種類制覇は無理なんですよ。
デザートだって、もっと種類があります。
もちろん、これは食べましたが。(汗)
バイキングとなると、どうして欲が出るんでしょうかね。

あとこのホテルにはミニ美術館があります。
ゴッホやシャガール等の絵が展示してあり、宿泊客は無料で入場できます。
また、ホテルから歩いて「星の王子様ミュージアム」へ行けます。
私は去年行きましたが、……。
一度でいいですね。内容のわりには値段が高かったと思います。
d0039443_14202612.jpg翌日、2005年仙石原にオープンした「ラ・リック美術館」へ行きました。→
フリーパスで300円引きになります。
本当にお薦めですよ、ここは!!
アールヌーボーの世界に酔いますね。
宝飾とガラス工芸の巨匠、ラ・リック氏の作品なのですが、
きっとこの方の頭の中は、本当にキラキラと輝いていたんだと思います。
生活のすべてが美しいもので囲まれているんです。
椅子にしろ、扉にしろ、壁にしろ細かい細工がなされている。
取っ手なんか、ガラスでできているんですよ。しかも昆虫とか刻ませたりして。
本当に素晴らしかったです!
また、ショップがいい!(笑)
東京では見られないほどのアクセサリーの宝庫で、思わず手にとってしまいます。
入場チケットはショップとレストランへの入場までは一年間有効です。
それも気が利いていますね。
でも、年に何回も箱根へは行かないか。(笑)
d0039443_14303633.jpgさて、午後からバスに乗り再び芦ノ湖の桃源台まで。そこからロープーウエイに乗って大涌谷を通過。
ここはいわゆる地獄谷。温泉で茹でた黒卵が有名です。去年行ったので通過して。再びロープーウエイ。
途中、強羅公園に立ち寄って、ケーブルカーに乗ります。つづいて箱根登山鉄道に乗り、箱根湯本に到着。
ロマンスカーでい一路新宿です。
はぁ~、お疲れ様でした。
これで箱根二日間の旅は終わりです。
長かったですね~。しかも日づけがかなり経っているし。(笑)
なんだか大忙しの旅でしたが、満喫できました。
きっとこれからも箱根には行くと思います。良い旅でした。
[PR]
by mizuki9090 | 2005-11-12 14:43 | 箱根 | Comments(2)

仙石原のススキ

d0039443_12224988.jpgススキで有名な仙石原です。
まさにベストシーズンでした。
ススキは9月の下旬から見られますが、お勧めは穂がつく11月中旬近くです。
しかも、夕方がいい!(笑)
ちょうど夕陽が反射して、穂が銀色に光るからです。
この日は晴れていて、本当に素敵ね景色でした。
d0039443_12253533.jpg
ススキの一本道が頂上まで続いています。
背丈が人間よりも高いので、人がすっぽり埋まってしまいます。
d0039443_12293743.jpg
振り返ると夕陽が差して、銀の海!
去年は雨だったので散々でしたが、今年は絶景でしたね。
ススキは雨に濡れると地味です。
見るなら晴れた日がいいですよ。
d0039443_12301139.jpg

ようやく今日の見学は終わり。(笑)
バスに乗ってふたつ目の停留所にある「リ・カーブホテル」で宿泊です。
徒歩でも行ける距離ですね。
あと仙石原から徒歩20分くらいで湿性花園にも行けます。
バスに乗った場合は二回乗り継ぎになります。微妙ですね。(笑)
まあ、フリーパスがあるんだから時間を有効に使ってバス利用がお薦めです。つづく。
[PR]
by mizuki9090 | 2005-11-12 12:36 | 箱根 | Comments(0)

遊覧船

d0039443_2321825.jpgご存知、ここが元箱根港です。
駅伝のゴールですよね。
山のホテル、箱根神社、箱根関所跡などがありますが、私は先を急いでいたのでそのまま船で桃源台まで。
フリーパス使用の場合、湖尻へは行きません。
海賊船に乗って桃源台までです。
湖尻へ行きたい場合は、桃源台から徒歩になります。
d0039443_231031100.jpg
芦ノ湖に浮かぶ海賊船です。
時刻は3時くらいだったのかな。
天気が良かったので甲板に行きました。

↓下の写真は船から写した景色。
朱色の鳥居が箱根神社です。
山の向こうに見えるのは富士山のシルエット。
20分くらい乗ったのかな?(笑)
d0039443_23123738.jpg桃源台についたら、
今度はバスで仙石原へ。

つづく。

[PR]
by mizuki9090 | 2005-11-08 23:18 | 箱根 | Comments(6)

箱根旧街道

d0039443_22322765.jpg宮ノ下からバスで元箱根に行きました。
でも、元箱根港まで行かないで、手前で下車。
そこから箱根旧街道に入ります。
ここはですね、最初、怖かったです。(笑)
人がいなくて、薄暗い。
本当に裏道なんです。
結構、傾斜がきつく、ボロボロの石畳が続いています。
d0039443_22364632.jpg港の方から途中まで上り坂。
しかし、真ん中辺からこれまた急な下し坂へ変わります。
獣道チックになったり、丸太の階段状だったり。スニーカーで気合いいれないとダメですね。
行き方としてはこの、港から旧街道を登っていく形が1番いいみたいです。なぜなら、逆のコースだと坂がきつすぎて、時間がかかってしまうからです。
私はこのまま進み、甘酒茶屋でバスに乗って港に引き返しました。
d0039443_22393665.jpgd0039443_22412249.jpg
左は切り株の上にのっかった妙な石。
右は苔の生えた倒木。
d0039443_22465098.jpgd0039443_22455287.jpgここが甘酒茶屋。
本に必ず載っています。
甘酒一杯、400円くらいだったかな。(汗)
さっぱりしていて美味しかったです。
昔の味って感じでした。
さあ、ここからバスに乗って元箱根港へ。続く。
※歩いた時間は40分です。逆のコースだと倍かかるそうです。
[PR]
by mizuki9090 | 2005-11-06 22:53 | 箱根 | Comments(4)

富士屋ホテルー宮ノ下ー

10月14~15日に箱根に行って来ました。
今頃になってアップなのですが(汗)、見所満載なので、数回に分けて掲載しますね~。
箱根へは新宿からロマンスカーを使って行きます。が、その際は是非、
2005年に登場したニューロマンスカーに乗ってくださいね。
d0039443_126738.jpgさて、箱根湯本に着きましたら、続いて箱根登山鉄道に乗って宮ノ下まで。
お昼は富士屋ホテルで頂きました。
ここは私の憧れのホテルで、
開業は明治11年。
外国人の方の宿泊を目的につくられた、由緒ある洋館なんです。
敷地も広いんですよ。森の中に御殿が点在しています。

d0039443_1295020.jpgd0039443_12113132.jpg近くの写真館に、当時の写真がありました。
富士屋に泊まられた有名な方は、左はチャップリン(写真の左)。右はジョンレノン夫妻。
他にもヘレンケラーなどいます。
ホテルに宿泊すれば、ホテルの歴史ガイドツアーがあるみたいですよ。
いいなぁ~。

d0039443_12203454.jpgd0039443_12221755.jpg
食事は「ウィステレリア」で。しかし、高いっ!!( ̄_ ̄|||)
正直、ためらいましたよ~。入るか入らないかで。(笑)
でも今入らなきゃ二度と来ることないと思い、食べました。
富士屋はビーフカレーが有名なので、それにしたのですが……。
たしか2500円くらいしたと思います。うう、参った。
味はですね……。またまた……。無言ですよ。
正直、美味しくはなかった。普通というより、値段を考えると間違っています。
いつかホテルには泊まりたいけれど、カレーは食べなくていいです。(汗)
d0039443_12264927.jpg気分を取り直して。
富士屋は外観が美しいのは言うまでもありませんが、
トイレも趣があった~。
あ……。カレーのあとにトイレはまずいか……。(汗)
ま、まあ、これはこれで、ねぇ?(笑)
トイレがですね、レトロなんですよ。
総タイルで素晴らしかった。しかし便器は古い!
古いものだから仕方ないけど、紐をひっぱって水を流すんですよ。
今じゃホテルといえばウォシュレットのところも多い時代。
まあ、この古さが富士屋の良さなんですがネ。

本当は庭の散策もしたかったし、花御殿と呼ばれるジョンレノンが泊まった別館も見たかったけど、とても勇気がありません。
だって、宿泊客はすべて黒のハイヤーで来ていたし、何せ品がいい!
明らかに場違いだったため、そのままバスに乗り、一路元箱根へ。続く。

※ちなみに箱根フリーパスを使用。乗り物はロマンスカーを含めフリーパス内のみ利用です。
[PR]
by mizuki9090 | 2005-11-03 12:39 | 箱根 | Comments(10)

羊毛フェルトで主にポメラニアンやセキセイインコを作成。手仕事のギャラリー&マーケットの「iichi」で販売中。カルトナージュ・プラ板アクセ・旅行・料理・日々のお話です。2014年に乳がんになったお話も。


by mizuki9090