月の旅人~美月ココの徒然日記~

mizuki9090.exblog.jp
ブログトップ

ルネ・ラリック展へ行きました!

d0039443_11385862.gifd0039443_1139475.gif前回の白いたい焼きですが、
おいしかったですよ!
タピオカ粉を使っているのでモチモチっとしてます。
お店でも焼き立てはなく、冷めたまま食べるものみたいですね~。
正直、一番美味しかったのは冷やして食べるマンゴー味でした。
ちょっとしたデザートって感じです。

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*

「ルネ・ラリック展」が乃木坂にある国立新美術館であるのを
ブログ友達のろんさんに教えていただき、お盆休みに行ってきました!

乃木坂なんて、何十年ぶりか。(笑)
中学の時、友達と路線案内の看板を見て、適当に指差した場所へ行くという遊びをしてたんですよ。
その時、行ったきりかもしれないですね~。

d0039443_11543725.jpgこれが国立新美術館。
乃木坂駅がら直通の出口がありました。

d0039443_1156016.jpgロビーの様子です。
近代的で奇麗な建物ですね。


d0039443_11574428.jpg
ラリックの作品です。ポスターを撮影しました。
これはハットピン。
大きさはこぶし大だったかな?
手のひらまではいかないけど、かなり大きかったですよ。
ラリックの作品って花弁の脈まで細かく細工が施されていて、ほんと美しいです。

説明が前後しましたが、そもそも彼はアール・ヌーヴォーのジュエリーやアール・デコのガラス工芸家として、19世紀末~20世紀半ばにかけ、パリでかなり評価を得た人なんです。
絵画だと、知識がないと観賞してもよくわからないのですが(笑)、
ジュエリーやガラス工芸だと、素直に美しいって解るじゃないですか!
ひとつひとつ手作りの細かいデザインは繊細で、その元となるデザイン画もほんとに上手!
(当たり前ですがσ(^_^;)アセアセ... )
現代では見られないし、作ることも不可能な素晴らしい作品の数々!o(^-^)o
見ていて、「この人はどんな頭の構造をしているんだろう?」と感心し。
小さな作品見たさに、展示ガラスに何度も頭をぶつけ。(笑)
これはですねぇ~、たぶん皆さん熱中しすぎてるんですよ。
私だけでなく、展示ガラスに口紅とかたくさん付いてましたから。
まさに釘付け状態!!(笑)

d0039443_12123981.jpg
これもパンフレットからなので、写りが悪いですが、おんどりのティアラです。
威厳ありすぎ!
くちばしにはアメジストをくわえています。
頭に載せたら重いでしょうね~。
かなり気の強い女性でないと、
おんどりは載せられないですね~。(笑)


私、美術館へ行くといつも思うのですが、
作品が素晴らしいからカタログやポストカードとか欲しくなるんですよ。
でも、どうしたって、本物を超える写真に出会えない!
つまり、本物の美しさを見てるから、写真ではダメなんですl
だから買わない!(笑)
芸術品っていうのは、肉眼で見なきゃだめですね~。(←偉そう……)

さて、ここまで来たので、このあと東京ミッドタウンまで散歩に行きました。続く。
[PR]
Commented by ろん at 2009-08-27 23:34 x
ルネ・ラリック展は、楽しめたようでよかったですね。
展示された作品が半端じゃなく多くて、見応え十分でしたね。
ガラスだけでも、ここまで芸術的な作品に仕上がるんだと
感心してしまいました。
美月さんが仰るように、芸術品って、肉眼で見るからこそ、
その価値が伝わってくるような気がします。
すばらしい芸術品になればなるほど、それが持つ雰囲気や
その周囲の空気までも違ってくるんですよね…
…なんとなくですけど(笑)
Commented by mizuki9090 at 2009-08-30 14:22
ろんさん>
私も芸術を語れるほどの立場じゃないんですが。(笑)
単純に見て、素晴らしい!と感動できたんで、
それだけでも見る価値はありますよね。
そうそう、東京都庭園美術館の玄関、ラリックだったんですね。
前に見たとき、素敵だと思いました。
知らぬうちにラリックと出会ってたとは!(笑)
その時から私の好みに合ってましたよ!
by mizuki9090 | 2009-08-23 12:20 | お出かけ日記 | Comments(2)

羊毛フェルトで主にポメラニアンやセキセイインコを作成。手仕事のギャラリー&マーケットの「iichi」で販売中。カルトナージュ・プラ板アクセ・旅行・料理・日々のお話です。2014年に乳がんになったお話も。


by mizuki9090